コンプライアンス研修DVD教材はかなり使えます

コンプライアンス研修DVD教材とは?

コンプライアンス研修DVD教材とは、自社内でコンプライアンス研修を自分たちで行うことをコンセプトに開発されたものになります。

といっても、コンプライアンス研修DVDというのは検索すればいくつか発見することができます。そういったDVD教材といったい何が異なるのでしょうか?

それは、社内で自由に上映することができる上映権と、テキストをコピーや印刷など複製することができる複製権が付与されているこれが他のDVD教材との大きな違いになります。

一般的なDVD教材は個人で受講することが前提であり、著作権の関係で法人単位で映像の上映やテキストの複製を認めるということはありませんでした。それを認めてしまうと、研修会社自体が儲からなくなってしまうからです。(研修会社は企業に講師を派遣して収益を上げていますから、1枚のDVD講義を社内で上映されたら商売になりません)

しかし、そんな業界の常識を打破した教材がコンプライアンス研修DVD教材なのです。

>> コンプライアンス研修DVD教材とは? <<

 

DVDの上映権とテキスト複製権があるメリット

一般的にコンプライアンス研修を行う場合、外部から専門の講師を呼んでくるという方法になるわけです。しかし、以下のような問題があるといえます。

  • 会社が地方なので講師がいない(東京などから呼ぶと交通費の負担が大きい)
  • 業務が忙しく、全社員を一同に集めることが困難
  • スケジュール調整などが厄介
  • 大きな会場を確保する必要がある
  • そもそもどこの研修会社に頼めばよいのか分からない

コンプライアンス研修DVD教材のDVD写真上記のようなさまざまな問題を抱えながら、コンプライアンス研修担当者はいろいろと情報を集めていくことになります。

しかし、例えば、コンプライアンス研修が収録されたDVDをあなたの会社内でいくらでも上映してよい(どの社員が見ても良い)ということであればどうでしょうか?わざわざ講師を呼ぶ必要もなく、しかも、一度に全社員を集めて行う必要もありません。かなり自由度の高い研修を行うことができると思いませんか?

コンプライアンス研修DVD教材のテキスト写真そんな社内での上映を制限なく可能にするのがコンプライアンス研修DVD教材なのです。この教材は、購入者が属する法人内であればいくらでも上映することができる上映権が付与されています。

ですから、何回でも好きな時に社員に研修DVDを受講させることができます。複数の教材を買う必要はなく、ライセンスも複数必要ありません。1つの教材を購入さえすれば、繰り返し上映することが可能となります。

もちろん、テキストのコピー・印刷をする複製権も人数制限なく許可されていますので、社員の人数分を自社で複製することが可能なのです。

しかも、社内でコンプライアンス研修をより効果的に行うためにさまざまな特典が付属しています。

例えば、コンプライアンス研修の理解度をチェックする「チェックテスト」や、講師への質問制度などです。

これらの特典を使えば、DVDであっても外部から講師を呼んだのと同等の効果を得られるばかりでなく、むしろDVD教材であるが故のメリットがあるといえます。

>> 研修DVD教材のさまざまな特典を見る <<

 

DVD研修だけではない使い方

コンプライアンス研修DVD教材は、テキストを複製できるということから、自社講師(自社インストラクター)がコンプライアンス研修を行う際にも活用することができます

社内講師は、DVD講義を見ながら、まずは実際の講師がどのようにコンプライアンス研修を進めているのかを把握します。そのうえで、コンプライアンス研修DVD教材の特典となっている「インストラクションポイント」に沿って要点を押さえていきます。

そして、自らの社風などを考慮したうえで、研修プログラムを組むというわけです。

メインとなるテキストは、どの業種でも、民間企業でも公的機関でも使えるテキスト内容になっています。それに加えて、自社の特殊な要素は別のレジュメにまとめて、メインテキストと併用すると言う方法がオススメです。

こうすることで、コンプライアンスの基本をしっかりと押さえた上で、自社の特徴をも加味したコンプライアンス研修を行うことができます。自社内の講師がコンプライアンス研修を行うということは、自社内でのコンプライアンス推進という意味で最も意識付けが行いやすいものといえます。

最近は、外部講師に依頼するよりも、社内インストラクターを養成するという企業が増えています。これは、経費面の事情もありますが、コンプライアンスに関する意識を社内に根付かせることが目的にもなっています。

 

>> コンプライアンス研修DVD教材公式サイトへ <<

トピック

コンプライアンス研修担当者、コンプライアンス推進担当者に必須の教材

コンプライアンス情報コラム